縮毛矯正の悩み

 

PCの方はそのままで、

携帯の方は見やすいページをご準備致しました!!

↓  ↓  ↓  ↓

スマートフォン用ページ☆

 


 

おはようございます、ロアゾブルーYUYAです。

 

15138

 

それでは昨日の続き。↓

 


縮毛矯正でお困りのパターン ➡読まれてない方は


 

 

まずは少しおさらい。

 

 

 

縮毛矯正のメリット

 

S__319498

 

 

若々しく見える

スタイリングに時間がかからなくなる

髪の毛が艶々に見える

手触りがサラサラになる


 

 

上記がメリットではないでしょうか??

 

では、デメリットを見ていきます。

 


 

デメリット

髪の毛・頭皮が痛む(ダメージを受ける)

生えてくる毛はストレートではない

真っすぐになりすぎて仕上がりが不自然

ボリュームがなくなりペッタンコになる

髪全体に縮毛矯正をかけるとヘアスタイルを変えにくい

髪の毛が伸びてくると生え際がくせ毛なので不自然

値段が高い

施術に時間がかかる

切れ毛、抜け毛ができる場合がある


 

 

こんな感じでしたね、

 

デメリットがかなり多いですが、

それでも外せないメニューですね。

 

いかにデメリットを切り取ってメリットだけを作り上げるかが、ポイントかと思います。

 

 

ロアゾブルーのオーダーメイドストレートは、

「ストレートをデザインする」

 

 

です。


 

ストレートをデザインするとは

オーダーメイドストレート施術例↑

 


 

 

「地毛が自然なストレートよ私。」

S__122887

 

がテーマです。

 


 

オーダーメイドストレートで一番大事なことは、

ストレートをデザインすること。

 

ストレートのイメージって、動きのないペタッとした感じですが、

ストレートをデザインするのです。

具体的には薬液の付け方を、束に合わせて全て変えること


 

 

Sb__16465

このようにピンクのラインの部分につけていくのです。

同じ髪の位置でも距離を変えて薬液を塗布します。

これがポイントです。

 

 

いつも縮毛矯正をされる方の一番の悩みが、

 

毛先のダメージ、毛が硬くなる、不自然なストレートになる

 

この3つだと思います。

この3つの悩み、実は簡単に解決することができるのです。

 


 

毛先のダメージ、毛が硬くなる、不自然なストレートになる


 

 

 

これ、意外な方法で簡単に避けることができるのです。

 答えは、同じ部分に縮毛矯正のやりすぎない事。

 

 

 

これだけです。

 

 

なぜ、

 

毛先のダメージ、毛が硬くなる、不自然なストレートになる

 

何故、こうなるのかを次回簡単に説明していきます。

 

これさえクリアできれば、これからは今までの悩みを解決することができます♪

 

 

憧れの、さらさらなストレートに、クルンとした毛先も夢じゃないですよ☆

 

IMGP1569

 

ご予約はこちらから★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です